ユニック車とはどんなトラック?運転に必要な資格や活躍する現場

クレーンが乗っているトラックをユニック車と呼んだりしますが、実際どういうトラックがユニック車なのかご存知でしょうか?
今回はトラック業界ではお馴染みのユニック車についてご紹介します。

ユニック車とは?

ユニックとは本来は、古河ユニック株式会社が生産している積載形トラッククレーンのことを言います。積載形トラッククレーンには他にもタダノ製(タダノ製はカーゴクレーンという)、新明和工業製(新明和工業製はCBクレーンという)などの積載形トラッククレーンもあります。
その中で、シェア率も高いユニックという一般的に定着しました。その積載形トラッククレーンを搭載しているトラックが「ユニック車」なのです。

メーカー 名称
古河ユニック製 ユニック
タダノ製 カーゴクレーン
新明和工業製 CBクレーン

ユニック車は、平ボディのトラックがほとんどですが、ユニックを搭載するスペースが必要なため、通常の平ボディトラックと比べると荷台部分が短くなっています。

ユニックの種類

現在、古河ユニックからは大きく3つのユニッククレーンが販売されています。

1.通常のユニッククレーン

2.ハイアウトリガクレーン

3.荷台内架装用クレーン

ユニック車の用途

ユニック車は色々な場所で使われますが、重いものの積み下ろしが可能になるため、青空の下の建築現場や工場などで機材、資材の搬入に使われることが多いです。逆に苦手とする分野は、天井の低い倉庫や建物内の積み下ろし、電線のあるところや高架下は不向きなので、このような場所の場合は、フォークリフトが活躍します。
なお、ユニックの多くは吊り上げ荷重3t未満のものが多く使用されているが、これは3t以上の吊り上げ荷重の場合は、クレーン等安全規則により届け出が必要なためです。

ユニック車の操作方法

以前はユニック本体に操作ボタンが付いていたため、必ず2人以上で作業をする必要がありました。しかし、現在ではリモコン操作が普及したため、1人でもクレーン操作ができるようになっています。

ユニック車の運転に必要な資格・免許

ユニック車を公道で走らせるための資格と、クレーン自体を動かすための資格がそれぞれ必要になります。

クレーン作業を行うための資格

吊り上げ荷重5t以上 移動式クレーン運転士免許
吊り上げ荷重1t以上~5t未満 小型移動式クレーン運転技能講習修了
吊り上げ荷重1t未満 移動式クレーンの運転業務特別教育修了

ユニックとは積載形トラッククレーンのことなので、以前こちらでご紹介した移動式クレーン運転士免許が必要になります。吊り上げ荷重に応じて、必要な講習等が変わります。

ユニック車を走らせるための資格・免許

車両総重量11t以上・最大積載量6.5t以上 大型自動車免許
車両総重量5t以上11t未満・最大積載量6.5t未満 中型自動車免許
車両総重量5t未満・最大積載量3t未満 普通自動車免許

*以前の免許である8t限定の中型免許の場合は車両総重量8t未満・最大積載量5t未満が上限となります

ユニック車だからといって特別な免許が必要なわけではなく、最大積載量などに応じてそれぞれ中型、大型トラックの免許が必要になります。

その他、あると便利な資格

クレーン作業が伴うため、以前ご紹介した玉掛けの資格は欲しいところです。
ユニック車でのクレーン作業に大変便利です。

まとめ

今回はユニック車についてご紹介しました。まさかメーカーの商品名が一般名称になっていたとは知りませんでした。
威張れることではありませんが、知らないとちょっと恥ずかしい。。今回も良い勉強になりましたね。