トラックの運転免許がまた複雑に!平成29年3月の改正を確認しよう

平成29年3月12日にトラックの運転に関わる免許の改正がありました。今まで普通免許で運転できなかったトラックが運転できるようになることも?!

今回は免許改定の背景や、どのように変更されたのかをご紹介します。

平成29年の免許改定の理由は、トラックに乗れる人を増やすため?

新たに道路交通法の改正で「準中型免許」ができました。なんでまた分かりにくくするのかと思われる方も多いと思いますが、これは実は平成19年6月2日の改正で、普通免許では宅配便などのトラックが運転できなくなったことが背景にあります。

トラック業界はこれまでにないほど、ドライバー不足という大きな問題を抱えています。国の血液である物流が止まってしまっては一大事のため、トラック運転手の人材確保の狙いで、準中型免許ができたというわけです。

今回の免許改正は、これまでの普通免許で運転できるトラックの範囲を大きくするためのものです。その点お間違えなく。

準中型免許とは?今までの免許はどう変わるのか

運転できる自動車、トラックは車両総重量(車の重さ)・最大積載量(車に載せる荷物の重さ)によって免許が分けられています。
今回の道路交通法の改正では、普通免許で乗れる範囲が狭くなり、普通免許と中型免許の間に準中型免許が設けられ、4つの区分になったのが概要です。

4つの新区分(平成29年3月12日以降)

免許の種類 車両総重量 最大積載量
普通 3.5t未満 2t未満
準中型 3.5t以上 7.5t未満 2t以上 4.5t未満
中型 7.5t以上 11t未満 4.5t以上 6.5t未満
大型 11t以上 6.5t以上

なお、平成29年3月12日以降に免許の交付を受ける人は、自動車学校で「普通免許のみ取得」か「準中型免許も取得」かを決めなければなりません。

これまでの「普通免許」はどう変わるか

今回の改正のポイントは、普通免許を取得する時に2tトラックを運転できる準中型免許も同時に取得できる点です。これまでの普通免許では5t以上のトラックが運転できなかったため、車両総重量が5tを超える2tトラックを運転できない問題がありました。
しかし、これからは今までの普通免許が、準中型免許(5t限定)に変わるため、2tトラックを問題なく運転できるようになるわけです。
*準中型免許は車両総重量7.5tまでのトラックが運転できますが、普通免許から準中型免許になった人は5tまでしか運転することはできません。

これまでの「中型(8t)免許」はどう変わるか

平成19年6月1日より前に普通免許を取得した人が、前回の改正時に、中型(8t)の免許になりました。実はこの中型免許(8t)には今回の改正は、全く影響しません

準中型免許の車両総重量の範囲が3.5t以上 7.5t未満ですので、8tまで運転できる中型(8t)免許は普通に準中型の範囲のトラックを運転することができます!

まとめ

運転免許はどんどん細かく区分わけされていています。昔は普通と大型の2種類だった免許が、今回の改正で4種類にまで増えています!
しかし、今回の改正はこれまでの免許で運転できるトラックの範囲が増える改正ですので、実はトラック運転手不足のトラック業界には朗報なのです。

免許をとり直すのが面倒でトラック業界に入ってこなかった若者もトラック運転手にチャレンジできるようになりますので、これを機会にトラック業界も変えていきたいものです。