平ボディのトラックとはどんなトラック?活躍する場や運転に必要な免許

トラック業界にいると、当たり前のように「平ボディトラック」という言葉が出てきます。なんとなく聞き流しがちですが、平ボディって何?とは今更聞きづらいものです。

今回は知らないと恥ずかしい平ボディトラックについてご紹介します。
アイキャッチ画像:http://www.muk1.com/rekisi/three.html

平ボディとは?

簡単に言うと軽トラックをそのまま大きくしたトラックです。とはいえ車輛サイズ、荷台を含めてかなり大きくなります。
箱型のトラックと違い、荷台の上部が開放されているため、積み方によって、荷台の長さ、幅以上のものを積むことも可能です。また、クレーンなどでの積込み、荷卸にも対応できます。

一般的にトラックと聞くと平ボディのトラックをイメージする方も多いかもしれません。

また、平ボディと言っても荷台に積むことができる重さによって呼び名が変わります。一般的な平トラックは4tトラックが最も多いでしょう。4tトラックとは中型トラックとも言われ、最大積載量5t未満、車輛総重量8t未満の車両を指します。

 最大積載量・車輛総重量とは?
最大積載量とは荷台に積載できる重さを言い、車輛総重量とは最大積載量と車両重量(トラックと荷台)と乗車定員(一般的に2名)を足したものとなります。ここで良く間違われるのは、『4tトラックは最大積載量が5t未満の為4.9tくらいは積める』と思われるかもしれませんが、実際は4t以下であることがほとんどです。理由として車両重量が重くなれば必然的に荷台に積める重さが少なくなります。特に寝台(運転席の後ろのベッド)を準備したり荷台の床を鉄にしたりするとその分重量が増し、結局は3.8tとか3.5t積載となります。

平ボディトラックの種類

平ボディトラックは荷台の大きさ、形で色んな呼ばれ方をします。『標準』を基準に『ショート』や『ロング』、『セミワイド』、『フルワイド』など様々です。簡単にその説明をしておきます。

標準

各トラックメーカーにより若干異なりますが、荷台の長さが6.2m荷台幅が2.18m(ともに内寸)くらいのもを指します。

ショート

荷台の長さ約4.5m、荷台幅は標準ボディと変わりません。積載は標準ボディに比べ荷台重量が減る分、多く積めます。

ロング

荷台の長さが約7.2m、荷台幅は標準と変りません。積載はショートボディと真逆で積載量が減少します。

セミワイド

荷台幅(内寸)が2.25m前後のものを指します。

フルワイド

荷台幅が2.35m前後のものを指します。

上記の荷台については新車でメーカーに依頼する際にこちらの希望を伝え、そこから作成されます。一般の普通自動車の様に事前に作られているのはキャビン(運転席)とシャシーだけで、荷台は注文されてから作成されます。そのため、荷台の三方開く板(これを『あおり』と言います)についても載せる荷物の用途により高さを決めます。良く見るのは40㎝から60㎝の高さが見られますが、車輛や建設機械を移送するトラックは10㎝から20㎝の高さの車両が多く見られます。

平ボディトラックの使用用途

平ボディトラックは、主に住宅建築現場や工事現場で使用されます。特にフォークリフトが使えないような場所(クレーンを使用して積みおろしする様なところ)や、ウイング車やバンに載せることができない背の高い商品を載せる際に活躍します。

主な運搬物は、木材、住宅部材、プレハブ、仮設トイレ、金型、配電盤、キュービクル、ソーラーパネル、船舶、自動車部品関連などです。

平ボディトラックの部位

ここでは平ボディトラックの主な部位をご紹介します。

荷台

「トラック 荷台写真」の画像検索結果 「トラック荷台枕木写真」の画像検索結果

荷台の床には『木製』と『鉄製』のものがあります。『木製』については運搬物を荷台に固定する必要があるもので運搬物が移送中に動くことを防ぐ為に直接、釘で打ち付ける場合に便利です。また『木製』の長所は鉄関連の運搬物を積む際、『鉄製』の床だと摩擦係数が低い為、滑りやすく非常に危険ですが、『木製』だと荷崩れしにくくなります。もちろん荷締めの方法は色々とあるので、『鉄製』でも他の方法により対処可能です。
例えばコンパネと呼ばれる荷物緩衝材があります。素材はウレタンであったりポリエチレンだったりと様々ですが、平トラック車両の場合、木製のベニヤを積んでいる車輛が多いかもしれません。理由として金型などの鉄製品の場合、木製のコンパネを荷台に敷く事でずれにくくする事ができるからです。また『リンギ』『枕木』と呼ばれる四角の木材を活用して、運搬物の下に敷きずれないようにする方法もあります。

サスペンション

主流は『板バネ』と呼ばれるサスペンションで、耐久性が高い事が特徴です。

板バネ

他にも『エアサス』と呼ばれるものもあり、後輪のみと全輪の2種類があります。板バネと違いクッション性が高く跳ねたりしないので精密機械や医療機器などを移送するには非常に適しています。半面板バネに比べ費用は高くなります。

エアサス

スタンション

スタンションとは、トラックやトレーラーの荷台の上の穴に差し込み立てて使用する鋼鉄製の四角いパイプのことを言います。荷崩れ防止や、積み荷の位置を決めるのに使われます。

スタンションをつけるための穴

荷台の床部分に柱を立てられるトラックがあります。通常は床の中に収納されていますが、使用する際は床から引き出し、運搬物を固定化させるのに適しています。伐採した木など円形で重量があるものなどを運ぶことなどに効果があります。

シートのせ

キャビンの上、いわゆる屋根の上にシートを載せるスペースです。よく見られるシートは緑色をしています。防水性が高く雨風から荷物を守ります。シートのせが無い車両は、荷台の空いたスペースに置くしかない為、走行中にめくれ上がらないようにベルトなどで毎回固定する必要がでてきます。

道具箱

荷台の下、車輛の側面に着けているものや鳥居の後ろ部分を加工して、レバーブロックやベルトをかけている車輛があります。どちらもある事に越したことは無いのですが、鳥居に吊り下げる道具が雨ざらしになるので錆などが進む可能性が高くなります。

鳥居

キャビンの背面、荷台の前面部分を言います。

あおり

荷台の開閉できる部分を指します。

あおり開閉補助装置

上記の図は煽りを開け閉めする際に、あまり力を要せずに補助してくれる装置です。基本アルミや鉄でできている為、あおりが高くなればなるほど重さは増します。コツが分からないと大型バイクを起こす事と同じで、中々持ち上げることができなくなります。しかしこの装置があればあまり力を入れなくても容易に起こす事ができます。

他の部位については全日本トラック協会のサイトを参照してください。

http://www.jta.or.jp/coho/hayawakari/4.meishou.html

まとめ

今回は平ボディトラックについてご紹介しました。余計な機能が付いていないオーソドックスなトラックですが、その分、活用の幅が広いことも分かっていただけたのではないでしょうか。

トラック運転手の基礎知識として知っておきましょう。