牽引免許はトラック運転手の仕事に有利?!運転できるトラックや求人・給料事情

トレーラーやタンクローリーも運転できるため、海上コンテナなど活躍の場が多い牽引免許。求人でも「牽引免許保持者は優遇」など、実利も大きい資格です。
今回はトラック業界にいるなら取っておきたい牽引免許についてご紹介します。

牽引(けん引)免許とは?

牽引(けん引)免許とは、トラックに荷台を連結して運転するとき(他の車を牽引(けん引)するとき)に必要な免許のことを言います。牽引(けん引)免許が必要な荷台は、「車両総重量が750kgを超える車」と規定されています。

牽引の言葉から分かるように、運転するトラックは、運転席と荷台が分離できるようになっているのが特徴です。タンクローリー、ダンプトレーラー、キャリアカー、キャンピングカーなどが運転できるトラックになるでしょう。
特にタンクローリーを持っている会社や、高圧ガスを運搬する会社などでは活躍の場が多く、求人でも有利になる場合があります。

大型のトラックになれば、荷台を牽引(けん引)することも多くなりますので、大型トラックを運転したい方は、ぜひ取得しておきたい免許です。

牽引(けん引)免許で運転できるトラックの種類

ここでは画像を使いながら、牽引(けん引)免許で運転できるトラックをご紹介します。

タンクローリー

主に石油、ガスなどを運ぶ際に使われる、水や油など気体、液体を問わず運搬するためのトラックのことです。

 

トレーラー(セミトレーラー、フルトレーラー)

被牽引自動車で、貨物自動車の形態のひとつのことを言います。付属車という言い方をしたりします。

 

キャリアカー

キャリアカーとは、車両を運搬するためのトラックのことを言います。

 

牽引(けん引)免許なしでも運転できるトラック

牽引(けん引)するトラックを運転する場合は、絶対に牽引(けん引)免許を持っていなければならないと思いがちですが、例外的に牽引(けん引)免許がなくても運転できるケースがあります

  • 牽引(けん引)する車の重量が750kgの場合
  • 故障している車をクレーンやロープで牽引(けん引)する場合
  • 牽引(けん引)用のトレーラー車のトレーラーヘッド部分だけで運転する場合

 

牽引(けん引)する用のトラックでも実際に牽引(けん引)していなければ、牽引(けん引)免許は不要ということです。その代わり、運転するトラック自体の免許は持っていなければなりません。大型トラックで牽引(けん引)するのであれば、大型免許は必要ですので、ご注意ください。

 

トラック運転手が、牽引(けん引)免許を取得するメリット

牽引(けん引)免許を取得する一番のメリットは、仕事の幅が広がることです。昨今、東京オリンピックや震災などの影響で様々なタイプの物資の運搬が増えてきています。
牽引(けん引)免許の取得は、仕事の幅を広げることができれば、給料アップ、または転職などでより良い環境で働く一つの要素となるでしょう!

実際に求人などを見てもわかりますが、タンクローリーやトレーラーのトラック運転手の給料は一般のトラック運転手の給料に比べて割高のケースが多いです。それだけ運転技術も求められますが、自分のスキルアップのためにも持っておくのも良いのではないでしょうか。

牽引(けん引)免許への求人例

実際に牽引(けん引)免許保持者の求人を確認してみましょう。

A社 B社 C社
給料 35万 45万以上 35万〜50万
手当 各種手当あり 交通費・社保など 各種手当あり
賞与 あり 年3回 年2回
休日 月4〜8日 土日他 日祝、他月2、3日
年収 450万〜650万 600万〜 500万〜700万
仕事内容 海上コンテナドライバー。 トレーラーにて東海エリアを
中心に鋼材を運搬。
ガソリンスタンドへ石油を安全に配送するタンクローリードライバー。

求人サイトを調べたところ、このように良い条件の求人には、牽引(けん引)免許が条件になっている企業も多いです。月給50万円を超える求人もあり、かなりの好条件を見込めそうです。全体的に人手不足の業界ですので、好条件が見込める求人を狙えそうです。

 

牽引(けん引)免許の取得方法・費用

牽引(けん引)免許保持者のメリット、求人内容がわかったところで、牽引(けん引)免許の取得方法について詳しくご紹介します。

牽引(けん引)免許の取得には大きく2つ方法があります。

牽引(けん引)免許を取得するための2つの方法

1.運転免許試験場で、直接技能試験を受ける

普通免許などと同じで、運転免許試験場で一発試験に臨むのがこの方法です。一度で合格できれば、費用が安く済むメリットがありますが、合格率は低いため、何回も試験を受けなければならない可能性もあります。

自信がある方にはお勧めできますが、実際は2.の自動車学校、教習所に通うケースの方が多いでしょう。

2.自動車学校、教習所に通い技能教習、検定を受ける

普通免許の自動車学校と同じで、決められた時間の技能教習(12時間)と、教習所での検定を受けることで免許を取得できます。時間と費用がかかりますが、この方法が確実です。

また、時間がない方向けに免許取得用の合宿に参加する方法もあります。決められたスケジュールに沿って、短期間で免許を取得することができます。大体1週間以内で免許が取得できると考えて良いでしょう。

牽引(けん引)免許取得にかかる費用

講習の費用は事業所ごとに異なりますが、下記のようになっています。

一発試験 約6,000円〜7,000円
自動車学校・教習所 約10万円〜15万円
教習所(合宿) 約10万円〜15万円

牽引(けん引)免許 試験の様子

 

まとめ

トラック運転手になったからには、やはり大型のトラックを運転したくなります。牽引(けん引)免許は、大型トラックと密接に関わる免許ですので、是非とも手に入れておきたい免許です。

実際に求人でも有利になることがありますので、一度考えてみてはいかがでしょうか。