タンクローリー運転手になるには?仕事内容や必要免許をご紹介

タンクローリーと聞くと、ガソリン輸送やガス輸送などをイメージされる方が多いのではないでしょうか?実際、タンクローリーの仕事は燃料輸送ががメインでしょう。
燃料が多く必要とされる寒い時期は忙しいことが多いタンクローリー運転手ですが、時には半日で仕事が終わることも?!

今回はタンクローリーの種類や運転するのに必要な免許、給料事情などについてまとめました。

タンクローリーとは?

タンクローリーとは、主にガソリンやガスなどの燃料を運搬するために使われる特殊用自動車のことです。タンクの形状は強度を高めるため円状(楕円形 or 真円形)のものが多い。
高圧ガスなどの圧力封入が必要な運搬物の場合は、圧力を均等に分散するために真円形のタンクが使われます。その他のガソリンなどの運搬には、重心を低くして転倒しにくくするために楕円形のタンクが使われます。

真円形のタンクローリー

楕円形のタンクローリー

また、燃料などの危険物を運搬する際は、危険物のマークを表示する必要があります。消防法では、危険物を輸送するタンクローリーを移動タンク貯蔵所といいます。運搬するものにより、必要な資格、免許も変わってきますので、注意が必要です。

タンクローリーの種類

タンクローリーの大きさも様々で、大型のタンクローリーであれば最大積載量が20,000kgのトラックまであります。通常は約14,000kgのタンク容量のタンクローリーが多いと言われております。車のガソリンタンクが50Lほどですので、実に280回分のガソリンなどを運ぶことができるのです。

タンクローリーは運ぶ中身によって、下記のように3種類に区別されます。

1.危険物ローリー

主に石油や劇薬などの危険物を運ぶタンクローリーを危険物ローリーといいます。危険物ローリーの構造は、裸タンクですが、危険物の中身によってタンク材質は鉄やステンレス、強化プラスチックなどがあります。また、消防法により危険ローリーは最大30,000L以下、一室4,000L以下の制限があります

2.非危険物の粉粒体運搬車ローリー

飲料水、牛乳、シロップなどの食品、セメントなどを運ぶタンクローリーを非危険物の粉粒体運搬車ローリーといいます。給水車などもこの部類です。飲料水、食品などのタンク素材は、衛生的に優れているステンレスが使われます。

タンクローリーは危険物ばかりを運んでいるイメージがありますが、このように私たちが口に入れるものも運んでいます。

3.高圧ガスローリー

LPガスなどの高圧ガスを運ぶタンクローリーを高圧ガスローリーといいます。最大容量が18,000L以下、アンモニアを除く
毒性ガスは8,000L以下の制限があります。また、高圧ガスを運ぶ場合は、「高圧ガス」表記のステッカーなどをタンクローリーに付ける必要があります。

タンクローリー運転手の仕事、求人条件は良い?

http://vuteqrolly.sakura.ne.jp

出典:ビューテックローリー株式会社

タンクローリー運転手の仕事は、やはりガソリンなどの燃料を輸送する仕事が多い。そのため、灯油などを多く使う冬場は忙しく、季節社員を雇う会社もあるほどです。逆に、夏場は仕事に余裕ができるため、早めに仕事を切り上げることができる傾向にあります。
また、輸送コストを考えると渋滞や車が多い昼間より、夜間に運送する方が効率が良いため、夜間のシフトを組んでいる会社も多い。会社を選ぶ際は、自分にあった勤務条件で働ける会社を選んだ方が良いでしょう。

仕事は、「積み込みをして、ガソリンスタンドなどの配送先で荷下ろしをする」作業を1日に2回~4回の複数回行います。タンクローリーといえば重労働をイメージされる方も多いと思いますが、実際の荷積み、荷下ろしは、給油用のポンプをつなぐだけですので、他のトラック運転手の仕事より力を使わずに済みます。

タンクローリーの仕事は、力仕事が少ない分、体への負担も少ないため、長く続けやすい仕事の部類に入るでしょう。

 

求人例:タンクローリー運転手

実際にタンクローリー運転手の求人を確認してみましょう。

A社 B社 C社
給料 35万〜50万 25万以上 37万以上
手当 各種手当あり 各種手当あり 各種手当あり
賞与 年2回 年2回 年2回(3.8ヶ月)
休日 日祝、他3日 日祝、夏季、冬季 個人年間カレンダーによる
年収 490万〜700万 350万〜 520万円(3年目事例)
仕事内容 ガソリンスタンドへ石油を運ぶ仕事 4tタンクローリー運転手。1日10ヵ所程度の建設現場をルートで運ぶ仕事 8K~26Kまでのタンクローリー運転手。ガソリンや灯油を配送する仕事。

求人サイトを調べたところ、タンクローリー運転手の求人は年収500万円以上という求人も多く、給料は高めに設定されるケースも多い。ただし、夜間配送や、危険物を運ぶ必要があるなど、考慮しておく点も多いので、選ぶ際は条件を十分に確認した方が良さそうです。

タンクローリー運転手に必要な資格・免許

タンクローリーの運転には大型免許が必要です。さらに車両重量が750kgを超える場合は牽引免許も必要となります。多くのタンクローリーが750kgを超えるため、取得しておいた方が良いと言えます。

また、タンクローリーの場合、運ぶタンクローリーの中身によって他の資格が必要なケースがあります。

荷物の中身 必要な資格
ガソリン、軽油など 危険物取扱者4種
毒物 毒物劇物取扱責任者
高圧ガス 高圧ガス移動監視者講習の終了/
高圧ガス製造保安責任者

タンクローリーの仕事風景

大型のタンクローリーになると、運転技術も必要ですね。

まとめ

今回はタンクローリー、タンクローリー運転手の仕事についてご紹介しました。実際の現場では、同じような仕事でも労働条件が大きく違うケースも多いようです。

タンクローリー運転手は、一度安定すれば、体への負担も少なく長く続けられる仕事ですので、しっかりと会社選びをして仕事を選んだ方が良いでしょう!