ヤマト運輸の「アマゾン即日」撤退は、中小の運送会社にチャンス?!

27年ぶりの運賃の値上げや、ブラック企業などで最近のニュースによく登場するヤマト運輸が、今回また世間を賑わせています。

宅配便最大手のヤマト運輸は、主要取引先であるインターネット通販大手アマゾンの「当日配送サービス」の引き受けから撤退する検討に入った。人手不足の中で夜間配達が増える原因ともなっており、サービスを維持するのは難しいと判断。当日配送の引き受けを徐々に減らす方針だ。

毎日新聞

インターネット通販の利用増加による荷物の取扱量増加に伴い、ヤマト運輸のトラック運転手不足が深刻化しているようです。そのため、今後は先日ニュースになった運賃の値上げや、今回の当日配送サービスからの撤退で労働時間を抑制する方向とのこと。

ヤマト運輸の代わりを誰が担うか?

現在のところ、Amazon自体が当日配送サービスをやめる訳ではないため、どこかの企業が代わりを務める方向で進められるでしょう。

日本郵政などの名前があがっているが、契約が欲しい中小の運送会社にとってもチャンスとなる可能性もあるのではないか?トラクルとしても今後の動向が気になるところです。