高圧ガストラックを運転するための「高圧ガス移動監視者」とは?資格についてご紹介

「高圧ガス」マークが付いているトラック、皆さんもよく見かけると思います。大型のタンクローリーなどで多いですが、運転するにはトラックの重量に合わせた大型免許などの他に「高圧ガス移動監視者」の資格が必要です。

今回は高圧ガス移動監視者になるための方法などについてまとめました。
アイキャッチ画像:www.yozaisho.com

高圧ガス移動監視者とは?

高圧ガス移動監視者とは、高圧ガス保安法に従い、トラックなどで高圧ガスを安全に輸送できるように監視する役割の人のことを言います。高圧ガスを輸送するトラックの運転をする人は、トラック自体の免許の他に、この高圧ガス移動監視者の資格を有して置く必要があります。

この講習を受ける必要があるのは、規定数量以上の高圧ガスを輸送する者に必要となりますが、規定数量は以下のようになっています。

高圧ガスの種類 規定数量
圧縮ガス 容積300m3以上の可燃性ガス、酸素、容積100m3以上の毒性ガス
液化ガス 質量3000kg以上の可燃性ガス、酸素、質量1000kg以上の毒性ガス
特殊高圧ガス 数量の多少に関係なし

*液化石油ガスに限定する講習の場合は、質量3000kg以上の液化石油ガスが規定数量となる
*高圧ガス製造保安責任者免状の交付を受けている場合は、講習を受講せずに移動監視者になることができる

高圧ガス移動監視者の資格取得方法は?

高圧ガス移動監視者の資格は、高圧ガス保安協会が行なっている高圧ガス移動についての講習を受け、検定に合格することで取得することができます。運転する場合などは資格の証明書を携帯する必要があります。

高圧ガス移動監視者の講習内容

講習科目は法令、学識、保安管理技術の3つがあり、原則として下記の14時間の講習を受けることになります。

  • 高圧ガス保安法の法令(3時間)
  • 高圧ガスの移動に関わる学識及び保安管理の技術(11時間)

*液化石油ガスに限定する講習の場合は、学識及び技術の内容が若干変わります。

(検定試験)
講習を終えたら、後日全国一斉の検定試験を受ける必要がある。20問/90分間の試験で合格ラインは60%。

(ポイント)
講習の際、先生から「ここ重要」など言われた箇所は検定試験でる可能性が高いので、覚えておきましょう

高圧ガス移動監視者の資格取得費用

講習受講に11,400円の費用がかかります。
*液化石油ガス限定の場合は10,600円

高圧ガス移動監視者への求人

 

A社 B社 C社
給与 30万〜35万 21万〜25万 27万〜34万
手当 退職金・社保など 資格手当・社保など 残業手当など
賞与 年2回 あり あり
休日 年間94日 週休2日 週休2日
年収 420万〜500万 300万〜350万 350万〜450万

求人サイトを調べたところ、やはりタンクローリー(ガスローリー)のドライバー求人が多いようで、給料は月給21万円〜35万円程度が多く見られます。週休2日が多いのは、きちんと休んで安全運転を!ということでしょうか。

まとめ

今回は「高圧ガス移動監視者」の資格や仕事内容についてご紹介しました。資格の取得自体は難しいことではないので、必要になってから取得するで良いのではないでしょうか。

汎用性のある資格は、トラクルでもご紹介していますので、下記の記事なども参考にしてみてください。

トラック運転手なら大型免許は外せない!仕事内容や免許の取得方法までご紹介!

2017.04.10

トラック運転手ならフォークリフト免許は外せない?!仕事内容や免許の取得方法までご紹介!

2017.04.08

牽引免許はトラック運転手の仕事に有利?!運転できるトラックや求人・給料事情

2017.04.06