物流では当たり前の「3PL」とは?

物流、トラック業界では珍しく横文字の「3PL」。トラック業界に長くいれば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この言葉は、企業の物流戦略で出てくる言葉なので、荷主とやり取りをすることが増えてくれば、知っておかなければならないワードです。

今回は、物流で欠かせない3PLについてご説明します。
アイキャッチ画像:株式会社 ASsystem

3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)とは?

3PLとは、サード・パーティー・ロジスティクスを略した言葉です。サードパーティと言うように第三者によるロジスティクス(物流)を表した言葉です。
一般企業もモノを運ばなければならないことが多いので、物流は切っても切り離せない存在です。しかし、一般企業は物流のプロではないので、物流のことはわかりませんので、プロの運送会社などに物流事業を任せることになります。

このような物流業務を自社でせず他の企業に委託することを3PLと言います。
*サードパーティとは第三者という意味があります

3PLのメリット・デメリット

3PLのメリット

荷主の企業にとってロジスティクス(物流)は欠かせないものですが、効率的なロジスティクス(物流)には倉庫などのインフラが必要です。さらに扱う荷物量に応じて、インフラの設備も変えていかなければなりません。しかも、倉庫を建てることなどをイメージしてもらえれば分かりますが、インフラの整備には莫大な費用がかかります。

物流業務をプロの第三者に委託することで、外部のインフラを活用できるのが、3PLのメリットです。第三者の物流業者にしても、同じインフラを多くの企業とシェアできるので、資産を効率よく使うことができると言うわけです。

3PLのデメリット

デメリットとしては、協力会社といえど、委託するのは第三者の他社なので、目が行き届きにくくなるところです。業務管理など、自社で簡単にやり取りを出来ていたことが出来なくなる可能性もありますので、注意しなければなりません。
「◯◯ロジスティクス」などの有名な会社の名前にロジスティクスが付いた会社があるのもそのためで、物流部門を子会社(別会社)化して、切り離すわけです。関連会社であれば、業務管理もやり易いので、全くの他社に任せるより効率化できるだろうという考え方です。ただし、莫大な資金は必要ですので、この考え方は、大手企業であればこそと言えるでしょう。

3PLの現状と可能性

3PLの仕組みを活用する企業は年々増えています。2014年度の市場規模は2兆円を超え、2005年度と比べて2倍以上にまで成長しています。(下図参照)

出典:(株)ライノス・パブリケーションズ「月刊 ロジスティクス・ビジネス 2015年8月号」

元々は物流部門を第三者へアウトソーシングすることで人件費などのコスト削減に繋がり、効率が良くなることで3PLは広がりました。が、今もさらに3PLの市場規模が今も伸び続けている理由は、荷主の物流ニーズに沿った物流システムを受託側(第三者側)が提案できるようになったことが大きいです。
最近でもフリマアプリで有名になったメルカリが、物流大手企業のヤマトホームコンビニエンスと連携して、大型荷物の梱包から集荷、配送、設置までを行う「大型らくらくメルカリ便」を開始したことを発表しました。(2017年4月18日)らくらくメルカリ便のように、荷主側(メルカリ側)が求める物流の仕組みを提案できる第三者企業が増えてきたことが3PL市場拡大の要因と言えるでしょう。

インターネット通販の広がりは、物流の可能性に繋がる

インターネット通販は、私たちの生活にも当たり前のものになってきています。最近では、惣菜などの食料品までもネットで購入できるようになりました。インターネット通販は今後も発展していき、荷主のニーズも多様多種になってくるでしょう。

インターネット通販は、モノを運ぶ物流が欠かせませんので、多様なニーズを満たすための物流の専門家の立ち位置は今後もさらに重要度を増していくのではないでしょうか。そして、3PL市場の拡大に繋がっていくのではないでしょうか。

まとめ

3PL、横文字で難しいイメージがありますが、今回の記事で概要は分かっていただけたのではないでしょうか。
今後も3PL市場は拡大していくことが予想されます。物流に関わっている者としては、今後の3PL、さらに発展した仕組みが楽しみです。