日本参入も近い?! 物流に革新を起こす「Uber Freight」って知っていますか?

こんにちは、トラクル編集部です。
本日は、日本ではなくアメリカのニュースのお知らせです。
アイキャッチ画像:Business Insider

アメリカでは「Uber Freight」というサービスが始まったのをご存知でしょうか?
どんなサービスかと言うと、「トラック運転手と貨物を輸送して欲しい顧客をマッチングさせる」サービスです。タクシー業界に衝撃を与えたあのUber(ウーバー)の運送業界バージョンとも言えるでしょう。(Freightは貨物輸送という意味です。)

アメリカではUber(ウーバー)がタクシー業界だけでなく、運送業界にも革新を起こそうとしているのです。

Uber Freightの特徴

Uber Freightの使い方は基本的にUberアプリと同じ。ドライバーはUberに登録申請をして、Uberの審査を通れば登録される。荷主から発注があるとアプリ上にドライバーが表示され、ドライバーは自分が受けれる仕事タップをすれば仕事を受けれるようにできるという仕組みです。

Uber同様に料金はすぐに支払われるようになっており、最近日本で問題視されている荷待ち問題やキャンセルなどについても明示されているようです。

今後、日本の輸送業界(トラック業界)はどうなる?

タクシー業界に衝撃を走らせたUber(ウーバー)は、当然のように日本にも広がったことを考えると、運送業界(トラック業界)も他人事ではない。誰でも気軽に荷物を運ぶことができる時代が来るかもしれない。

トラック運転手にとっては、ある意味これはチャンスかもしれません。いずれは独立をしたいと考えるドライバーの方も多いと思いますが、仕事を受けれるチャンスが増えるのは独立したドライバーにはありがたい。個人タクシー運転手ならぬ、個人トラック運転手が出てくるかもしれません。

便利になっていく世の中で、どう仕事をしていくか。このような業界の動向も把握しておきたいですね。