現場で玉掛けをするには?必要な資格と活躍の場所

クレーンを使用する現場では、クレーン運転士と同じくらい必要な玉掛け作業者。業界未経験の方は知らない人も多いですが、実は玉掛け作業者は現場ではとても役立つ資格です。
今回は玉掛け作業者の活躍できる現場、また給料や資格についてご紹介します。
アイキャッチ画像:玉掛け作業者の再教育について

玉掛けとは?

玉掛けとは、クレーンなどに吊り上げる物を掛け外しする作業のことを言います。
荷物にワイヤーなどを掛ける場合や、外す場合も必ず玉掛けの資格保持者が立ち会って作業を行う必要があるため、クレーンを扱う現場には必ず玉掛け作業者が必要となります。

トラック業界では馴染みのある言葉ですが、業界未経験の方には馴染みがない言葉かもしれません。

玉掛け作業者が活躍できる現場

クレーン運転士だけでは足りない?!クレーンを扱う現場で必ず必要な玉掛け作業者

クレーン運転士と比べ認知度は低い資格ですが、クレーンを扱う現場では、クレーン・デリック運転士、移動式クレーン運転士等の資格と同じく玉掛け作業者(玉掛けの資格保持者)が必ず必要です。

トラック業界でも小型クレーンなどを使用する現場は多くあります。玉掛けの資格を持っていれば、トラック業界への就職やキャリアアップでもきっと役立つでしょう。

玉掛け作業者の給料や求人は?

玉掛け資格保持者への求人例

それでは玉掛けの資格保持者にはどのような求人があるのでしょうか?

A社 B社 C社
給与 26万〜50万 23万 27万〜34万
手当 各種手当あり 交通費・社保など 残業手当など
賞与 年1回 あり あり
休日 週休2日 週休2日 週休2日
年収 330万〜650万 300万 350万〜450万

求人サイトを調べたところ、玉掛け資格保持者の給料は月給23万円〜50万円と大きな幅があります。機械搬入のスタッフなど、大型の物を運ぶ業種の給料が比較的良いようです。

ただし、玉掛けの資格だけが条件の求人は少なく、クレーン免許を求められるケースが多いようなので、合わせて取得しておきたいところです。
会社負担で取得できる場合もありますので、いろんな求人を探して見てはいかがでしょうか。

玉掛けが関わる仕事のメリット・デメリット

出典:twitter

玉掛けの資格に関わる仕事は、現場で非常に重い荷物を吊り上げることがほとんどです。
深視力や空間認識能力、慎重さなど資格だけでは判断できない様々な能力が必要な仕事です。事故が起きては取り返しがつかない作業になりますので、それだけ現場も真剣なのは、覚悟しておくことが必要でしょう。

玉掛けの資格、玉掛け作業者とは?

求人内容や活躍できる現場がわかったところで、玉掛けの資格、玉掛け作業者についてご紹介します。

出典:JCA

玉掛け作業者とは?

玉掛け作業者とは、労働安全衛生法第61条、第76条に規定されている「玉掛け技能講習」及び「玉掛け特別教育」を修了した者です。
クレーン運転士と玉掛け作業の場所が離れている場合は、同じ人が作業を行うことができないため、運転士と独立した資格として玉掛け作業者が存在します。

玉掛け作業者の資格は、技能講習と玉掛け特別教育で取得できますので、比較的容易に取得できると言われています。

玉掛け作業者の講習内容

何度か触れているようにクレーンを扱う現場で必要な知識、技術が玉掛けの講習内容に盛り込まれています。
原則として、下記の19時間の講習を受けることになります。

(学科)

  • クレーン等に関する知識(1時間)
  • クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識(3時間)
  • クレーン等の玉掛けの方法(7時間)
  • 法令(1時間)

(実技)

  • クレーン等の玉掛け(6時間)
  • クレーン等の運転のための合図(1時間)

講習の費用は事業所ごとに異なりますが、22,000円~26,000円が多いようです。

クレーンの現場で、なぜ玉掛け作業者が必要?

タワークレーンのように運転席と玉掛けの場所が離れている場合が多くあります。その度に両方の作業場所を移動して作業を行うことが難しいため、実務的にもクレーン運転士とは別に玉掛け作業者が必要です。安全面、作業効率を考えてもやはり現場に必要なのです。

荷を吊り上げるところから荷を降ろすところまで、玉掛け全ての工程を有資格者が行います。
求人を見ても、玉掛けの資格保持者は優遇の記載が多いのには、有資格者が多いに越したことはないからなのですね。

玉掛け作業の手順、合図

玉掛けの作業手順

クレーンで荷物を吊り上げる際の7つの作業手順(注意事項)は次の通りです。

  1. 荷物に合う吊具を選ぶ
  2. 荷物の重心、重量などを考え、吊具を掛ける位置を検討する
  3. 使用するワイヤーなどの用具に損傷などがないか確認する
  4. クレーン運転士との合図で作業をする(手信号、ホイッスルなどで誘導)
  5. 荷物が地面を離れたところでクレーンを停止し、フックや荷物の状態を確認する
  6. 周囲に人がいないことを確認する
  7. 荷物を目的地へ運ぶ

玉掛けの合図

玉掛けの合図の方法にも下記のルールがあります。

出典:興運重機

呼び出し 片手を高く上げる
位置の指示 なるべく近くの場所に行き、指で示す
巻き上げ 片手を上に上げて円を描く
巻き下げ 腕をほぼ水平に上げ、手のひらを下にして下方に振る
補巻き上げ 手の上腕部を叩いた後、片手を上げて円を描く
補巻き下げ 上腕部を叩いた後、腕をほぼ水平に上げ、手のひらを下にして、下方に振る
ジブの上げ 親指を上にし、他の指は握り、水平より上方に突き上げる
ジブの下げ 親指を下にし、他の指は握り、水平より下方に突き下げる
水平移動 腕を見やすい位置に伸ばし、手のひらを移動する方向に向け数回動かす
転倒 両手を平行に伸ばして、転倒の方向に回す
ジブの伸縮 こぶしを頭の上に乗せた後、伸ばす時は親指を下にし、他の指は握り、水平より斜め上方に突き上げる。
縮める時は、親指を下にし、他の指は握り、水平より斜め下方に突き下げる。
停止 節度をつけて、手のひらを高く上げる。
急停止 両手を広げ高く上げ、激しく左右に振る
作業完了 挙手の礼、または両手を頭の上に交差させる

玉掛けの資格ついてどう思いますか?運送会社専務に聞いてみた。

・・・近日公開