【トラック運転手ストーリー】長距離ドライバーとして活躍中!北九州のトラガール

エル・エムサービス株式会社(運送会社)で2t, 4tのトラック運転手(トラガール)として活躍されている菅谷さんにお話をお伺いします。トラックと相反して小柄な女性で、ドライバーとしてのプロフェッショナル意識が非常に高い。楽しみながら仕事をしている印象の菅谷さんは、どんな想いでトラック運転手として働いているのでしょうか?

なぜトラック運転手を選んだのか?

ーーどんなきっかけでトラック運転手になったのですか?

トラック運転手の仕事をする以前は、鉄工所の工場にいました。鉄などの金属アレルギーで困っていたところ、トラックのドライバーであれば、大丈夫ではないかということで、ドライバーの仕事を紹介してもらったのがきっかけです。

ーー実際にトラック運転手になってみてどうでしたか?

実は10代の頃に元々ミッション(マニュアル)で免許を取得して、ミッションの車を運転したことがあったので、運転自体は意外と問題ありませんでした。当時、オートマが主流になっている中、「ミッションで免許を取っても乗らなきゃ忘れるよ。」と言われて乗っていたミッション車の運転経験が役立っています。ドライバーになる直前はミッションの車に乗っていませんでしたが、案外体は覚えているものなんですね(笑)

トラックは大きいので車幅や長さに気をつけなければいけませんでしたが、運転が恐いという事はありませんでした。ただ、ミッション車の運転は久しぶりだったので、隣に人を乗せての”坂道発進”は緊張しました。

ーートラックの運転自体は問題なかったようですが、ドライバーとしての仕事はどうでしたか?

はじめのうちはマンツーマンで約3ヶ月間、しっかり仕事内容を教えてもらえたので、すんなり仕事に入っていけました。運転自体は大変ではありませんでしたが、長距離の眠さに慣れるのは大変でした。今では遠出することに体も慣れたみたいです。慣れるもんですね。

トラックへの荷積みは大変じゃないか?とかよく聞かれますが、自分で載せることがないので、積荷はそんなにきつくないですよ。

トラック運転手としての仕事内容

ーー普段の仕事内容を教えてください。

会社によって依頼される荷物は変わりますが、建材、家具、ソーラーパネルなど色々なものを運んでいます。積んだ荷物を色々な場所に運ぶのが主な仕事ですね。会社は北九州にありますが、山口や長崎など色んな場所に運んでいます。

ーートラック運転手の仕事の楽しさ、やりがいは?

遠出して荷物をしっかり運んだ後、その帰りに海の景色を見ながら帰ってきたりできるのは楽しみの一つです。

工場などと違ってドライバーは1人の仕事なんですが、分からないところがあれば周りの人が支えてくれるのは魅力です。この道を通っていけば良いよ!とかどういう風にしたら良いかを教えてくれるんですよ。
「あー、曲がるところに”資さんうどん”があると言っていたね」というように、走りながら教えてもらった箇所を探しながら運転するのも楽しいですよ。

あとは、達成感はすごく大きいです。1人で行って、1人で無事に帰ってくるのは、やり遂げたという達成感があります。

(女性だから周りの方も助けてくれた。ということもありますか?)

それだけじゃないですね。男性も女性も周りにいる人がみんな良い人なので、私だけでなく誰にでも教えて支え合っている感じがあります。積荷に行った先の会社でも気軽に「どこ行くとね?」と聞いてくれたり、道のアドバイスをしてくれたり、声を掛けてくれるのがとても嬉しかったですね。女性だからというのも少しはあるかもしれませんけど(笑)

ーートラック運転手としての”こだわり”は?

自分が使っているものはキレイにしておきたいのはこだわりです。洗車もできる限りしています。
あとは、自分が仕事でずっと運転しているということは、事故や違反によって免許が傷ついたりするリスクも高いと思っています。ただ、何のために働いているか分からなくなってしまいますので、リスクを負わないように、セーフティな運転は心がけています。

当然ですが、急いでいても速度制限は絶対に守ります。だからこそ、時間に余裕を持って1,2時間早めに出発するようにしています。途中途中に休憩をしながら行くだけでも体への負担も全然違うので、時間に余裕を持つことは大切にしています。(会社で教わったことがそのまま”こだわり”になっています)

休みながら、楽しみながらですね。

トラック運転手としてきついことは?

ーートラック運転手として大変だった経験はありますか?

雨の日の横持ち*は結構大変です。横持ちに限らず、雨の日の荷積み、荷下ろしは辛いなぁと思うことはあります。カッパを着て作業をしても結局またカッパを脱いでトラックに戻らなければいけないので、ビショビショになりながらもカッパを着ずにそのまま作業をしてしまうこともあります。もちろん、着替えを持って行っています。
※横持ちとは積荷を途中で積み換えることを言います。

(見かけによらずワイルドですね笑)

そうです、ワイルドなんですよ!(笑)そんなにヤワな体ではないので、男性と違って多少濡れたくらいでは風邪ひきません!(笑)

他には、トラックが停められるような駐車場を探す事やトイレ探しは結構苦労します。なので、なるべく”道の駅”など大型の駐車場がある場所には入っておくように心がけています。

ーー夜中に運転することもあると聞きましたが、大変ではないですか?

慣れましたね。例えば出雲に8時下ろしだったら、北九州からだと夜中に出発する必要があります。会社からは休憩の指示もありますし、十分に休みを取りながら走れます。むしろ夜中の方が走り易かったりしますよ。

 

ーー女性でもトラック運転手はできると思いますか?

女性でも全然できる仕事だと思いますよ。特に4t、大型、トレーラーは、意外と荷物を持ったり、ちょこちょこと動く仕事がないので、女性にも楽だと言われています。

ただ、個人的には体を動かせる仕事が多い2tトラック、4tトラックが主の仕事が好きです。シート張りなどは結構大変な作業ですが、そうやって体を動かしながら仕事をしていたいなと思っています。

トラック運転手おすすめの資格

ーートラック運転手が取っておいた方が良い資格や免許はありますか?

会社のためになればと思い、最近、大型免許、リフトの免許を取りました。うちの会社でもそうですが、免許、資格がなければできない仕事もあるので、臨時の際の戦力になることもあります。大きいトラックでなくても大型免許がなければ運転できないトラックもあるので、やはり仕事の幅を広げる意味でも大型免許などは持っていた方が戦力になると思います。

大型免許の取得は、特に昔から普通免許(旧普通免許)を持っている人にオススメです。なぜなら、トラックの勉強をきちんとする機会はなかったから。自分で給料をもらいながら働くということを考えれば、きちんと先生に運転の仕方を教えてもらえたのは良かったと思います。意外と細かいルールなどは忘れていたり、運転の仕方も自分流になっていたりするんです。もう一度基礎から習えるので、大型トラックを運転する機会が少ない方にとっても、オススメだと思います。

最後に

ーートラック運転手を始めて変わったことはありますか?

こう見えて、色んな仕事をしてきているんです。ラーメン屋さんのパートとか、アパレル関係とか。
やっぱり大変な仕事はいっぱいあると思うんです。女同士の派閥とかも結構大変ですよ(汗)そういうところで辛い思いもたくさんしてきました。

それを考えると女性でもドライバーの仕事が合う人もたくさんいると思うんです。嫌な思いをしながら辛い職場で働くよりも、ドライバーとして汗をかきながら仕事をすることが楽しいと思える人もたくさんいると思います。私はたまたまドライバーになるきっかけがありましたが、もっともっとドライバーの仕事を知ってもらえるように、トラクルさんには頑張って欲しいです!(笑)

(最後に、トラクル編集部にもプレッシャーをかけていただきました!)

ーートラクル編集部より

インタビューにお伺いした際は、ちょうどトラック洗車の真っ最中でした。トラックをいつも綺麗にしているところや、大型免許取得のお話からプロのドライバーとしての意識の高さを感じました。それだけでなく、遠い場所への荷物を取り合うなど、同僚のドライバーとの競争(負けん気の強さ)しながら働くなど楽しみながら、楽しさを見つけながら働いているのは、小柄な姿からは考えられないようなパワフルさを感じました。

周りのスタッフの方と比べてもこんなに小柄(左から2番目)

雨や汗など続けて使用すると、臭いが気になるので安全靴は3足をローテーションで使っている事や、トラックの内装にちょっとしたリボンを付けるところなど、女性ドライバーならではのこだわりや楽しく働くための工夫を感じました。

 

【トラック運転手 Profile】

エル・エムサービス株式会社
菅谷 久美子(すがや くみこ)
トラック業界歴:2年
保有資格:大型自動車免許、フォークリフト免許